ネット副業でほんとに稼げる?株式会社スタディ尾関潔のクラムスクールレビュー

尾関潔が代表の株式会社スタディのクラムスクールのレビュー

YOUTUBUアフィリエイトとは

time 2020/02/12

YouTubeで稼ぐ仕組みですが、普通にはGoogleが用意しているGoogleアドセンスの広告収入で稼ぐ事になります。はじめしゃちょーやHIKAKINなどの高評価YouTuberも同じように復活回数に比例してアドセンスの広告で稼いでいるわけです。アドセンス広告がどのようなものかというと、広告の種類は2種類あり、トレンドアフィリエイトの無料ブログサービスなどで貼り付けられる広告とYouTube用のアドセンス広告があります。後者の方は、動画の下の方に表示されるオーバーレイと言われる広告でYouTubeを閲覧した事がある方であれば以下のような広告を見た事があるかと考えます。後は、動画のはじめや合間に表示される5秒後にスキップできるな広告です。広告単価は1回もしくは1リユースで0.5円〜1円程度とされていますが、はじめしゃちょーやHIKAKINなどの大物YouTuberの一新回数はすさまじく、1動画で100万復活を稼ぎ出し年収は1億円以上とも言われています。

更にチャンネル登録者数は300万人以上となっており、現在から参入してこれだけの登録者数を集めるのは現実的はないのですし、そもそも動画のセンスと大注目が必須になるため顔出しは必要です。ただし、今後解説するYoutubeトレンドアフィリエイト技術は顔出し無しで月収10万円の収入を稼ぎ出す事ができるとなります。YouTubeの登録が完了したら、第二にGoogleアドセンスの査定に申請をします。YouTubeでの広告利益はGoogleアドセンスから得る仕組みとなっていますので、真っ先にGoogleアドセンスに広告の使用許可の申請をエントリーする不可欠があります。アドセンスブログアフィリエイトを実践している方で、YouTubeのアカウントとは別にGoogleアドセンス用のアカウントを持っているのであればそのアカウントと紐づけても構いません。

Googleアドセンスは2種類のアカウント使い道があり、アドセンスブログ用とYouTube用があります。アドセンスブログ用でエントリーする事例は、査定も1週間から〜2週間、遅い時は1ヶ月ほど掛かるケースもあります。それに対しYouTube用のGoogleアドセンスの申請は早い方であれば即日、遅くとも1週間以内には査定に通るため、Googleアドセンスアカウントを持っていない方は、YouTube用のGoogleアドセンスアカウントから申請しましょう。しかも、このアドセンスブログアフィリエイト用とYouTube用のGoogleアドセンスアカウントは区分ておくようにしましょう。

仮にどっちかの使いどころのGoogleアドセンスアカウントがペナルティをくらってしまったケースに、もう一方の用法のアカウントも影響を受けてしまうからです。危険性分散という観点からもアカウント管理は徹底していきましょう。膨れ上がるロードが完了したら、『クリエイターツール』の『動画の管理』から膨れ上がるロードした動画に参考にボタンを入れて『操作』をクリックします。項目の『収入化』をクリックすると以下の画面が表示されますので総てに参考にが入っている事を検証したら『利益化』のボタンをクリックします。