ネット副業でほんとに稼げる?株式会社スタディ尾関潔のクラムスクールレビュー

尾関潔が代表の株式会社スタディのクラムスクールのレビュー

本業がある労働者の副業はネット型をオススメします

time 2020/06/23

今の日本社会において、会社だけの収入だけだと生活レベルを上げるといったことが難しい時代になってきています。それはサラリーマンの給与が中々上がらないことが理由です。かつて日本社会は年功序列型賃金であった頃は、歳が上がることによって賃金も上がっていきました。しかし現在はそうした年功序列賃金型ではなくなってきていますので、歳が上がるれば賃金も上がるといった良い時代はもうすでに終わりを迎えています。 そこで多くのサラリーマン労働者が収入を上げるためには、副業はもはや避けて通れないものになってきています。実際に会社側で副業を認める所も出てきています。 ですが副業を始めるといっても何をすれば良いのかと言いますと、これは主に労働型とネット型に分かれます。簡単に言ってしまえば、前者は体を動かしてお金を稼ぐことであり、後者はインターネットを使って頭を使ってお金を稼ぐごとです。 労働者が副業を始める際には、アルバイトといった体を動かす労働型よりも頭を使ってお金を稼げるネット型の副業をオススメします。労働型は確かに手っ取り早くお金を稼ぐことができますが、そのために犠牲するのが体力です。本業をしている労働者は、本業で体力を既に使っているところにさらにアルバイトのために体力を使うことになります。そうなると本業の仕事の際に疲れてしまって集中力が欠けてしまうこともあります。集中力が欠ければ本業での仕事でミスすることもあります。そうしたリスクが労働型の副業にはありますので、そのリスクを考慮してネット型の副業をすることをオススメします。 一方ネット型の副業はお金を稼ぐまで時間がかかるものもありますので、お金を稼ぐまである程度の時間がかかることがあります。例えば、ネット型の副業で有名なのがアフィリエイトです。これは一度お金を稼ぐ流れを構築することができればあとは不労所得になります。ただその際には、お金を稼ぐまで根気よく諦めずにコツコツアフィリエイトをやっていくことが必要です。本業をしながら毎日コツコツアフィリエイト用サイトを作っていくことで、将来的にはそこのサイトからお金を生み出すことができるようになります。またアフィリエイトまでやれない方は、電脳せどりという方法もあります。これはインターネット通販サイトやフリマアプリなどから高く売れやすい商品を購入してそれをAmazonで売るといったものになりますが、こちらはやり方のコツさえ掴んでしまえばアフィリエイトよりも早くお金を稼ぐことができます。電脳せどりは予めAmazonで利益が生み出せるものを仕入ることができるので在庫を抱えるリスクも少なく済みますので、初心者が始めるにあたってのハードルは低いです。 何はともあれ本業を持っている労働者が副業をするならば、本業にあまり支障が出ないネット型の副業をオススメします。